Code Lab

CakePHP/Python/Swiftを勉強中... 好きなことで生きて行く!

Xamarinをやっとこさ始めたところです...

f:id:natuta:20170218153609p:plain
Xamarinを使ったアプリつくってみよう。
そうしよう!

まずは、プロジャクトを作ろう

f:id:natuta:20170228230403p:plain
Xamarin.Formsを使っていこうと思っているので
Forms App (C#)を選択

f:id:natuta:20170228230545p:plain

f:id:natuta:20170228230631p:plain
そのまま次へ次へ...
そうしたらあっという間にプロジェクトができた!

iOSの実機テストの準備

実機テストをするために予め準備をしておく。

Xcodeを起動して、新しくプロジャクトを作成
f:id:natuta:20170228230925p:plain
Applicationはなんでもいいのかな?
とりあえずシングルを選択します。

f:id:natuta:20170228231210p:plain
Xamarinのプロジャクトを作成した時のApp NameとOrganization identifilterを入力。
App NameはProduct Nameに入力。

f:id:natuta:20170228231717p:plain
termを選択したら完了。
Xamarinで実機テストができるようになっていると思います。

それっぽいアプリ作ってみる

App.xamal.cs

using Xamarin.Forms;

namespace demo1
{
	public partial class App : Application
	{
		public App()
		{
			InitializeComponent();

			//MainPage = new demo1Page();
			// NavigationPageを使用して最初のページを表示する
			MainPage = new NavigationPage(new MainPage())
			{
				// タイトルバーの背景色や文字色は、NavigationPageのプロパティをセットする
				BarBackgroundColor = Color.FromRgba(0.2, 0.6, 0.86, 1),
				BarTextColor = Color.White
			};
		}

		protected override void OnStart()
		{
			// Handle when your app starts
		}

		protected override void OnSleep()
		{
			// Handle when your app sleeps
		}

		protected override void OnResume()
		{
			// Handle when your app resumes
		}
	}

	class MainPage : ContentPage
	{
		public MainPage()
		{
			// ページのタイトル
			Title = "MainPage";

			//ボタンを生成
			var button1 = new Button { Text = "NextPage" };

			//ボタンクリック時の処理
			button1.Clicked += async (sender, e) => {
				//ページを遷移する
				await Navigation.PushAsync(new NextPage());
			};

			Content = button1;

		}
	}

	//遷移後のページ
	class NextPage : ContentPage
	{
		public NextPage()
		{
			// ページのタイトル
			Title = "NextPage";
		}
	}
}

たったこれだけで3機種対応できるとかすごい...
次はListViewに挑戦したいものです...

参考

dev.classmethod.jp
すごくわかりやすくてオススメ!
ありがとうございます!


Xamarinはいいぞσ(´∀ `●)