Code Lab

CakePHP/Python/Swiftを勉強中... 好きなことで生きて行く!

先生が理解してないとプログラミングの授業とか古文習ってるようなもの。

今日もお疲れ様です。
しょうたです。

ツイッター見てたら公立の高校でHTMLを習い始めたよと言うツイートなのですが少し盛り上がっていたのでちょっとだけ思ったことを書きたくなったしだいです。


今ってプログラミングが高校や中学で必須になりつつあり、2020年には完全に必須なると聞きました。
羨ましいです。
いま、社会人のエンジニアさんたちも同じこと思っているひと多いと思います。
学校で教えてもらっていればもっと幅が広がってたんじゃないかなと。
羨ましすぎで学生に戻りたいくらいです。

でも、今回の話はこの羨ましさを破壊してきました。

ツイッターで呟かれていた写真から読み取れる限り、
ニコニコ生放送のチャンネルに使えるようなHTMLを使っていました。
fontタグです。
うわーなつかしーなーと思ったのですが、これ、今年習ったようなのです。
時代が…遡っていらっしゃる。
多分、先生の時代にはこれが主流だったのかもしれませんが
流石に古い。
これマスターしても仕事で使えない。

ツイッターではエディタがーとかHTMLは言語ではなくーとか騒いでるけどそこじゃない気がする。
エディタとかある程度メモ帳でエラーがわからない、見にくいなど経験してからの方がありがたみがわかるし、ハロワくらいならエディタとかいらぬ。
言語じゃなくーとかは論外。どーでもいい。言語でもなんでもいい。HTMLはHTML。

まず、先生をどうにかしないとfontタグ使う人が入社して来る危険性が…。

学校でプログラミング習うのは羨ましい限り。
ただ、これがいかに古いものなのかを知ってしまったとき、絶望するか、授業が無意味だと気づき無駄な時間を過ごすのか…。